みんなが 楽しく 永く遊べるために

私たちからの提案です。

 

楽しむためには基本的なスキルを身につけましょう。

SUPでの波乗りは決して「お手軽」ではありません。
サーファーや他のSUPerがいるポイントへ入る前に、

平水面(インリーフ・河川・フラットコンディション)や小波やチョッピーなコンディションで最低限身につけておくべきスキルがあると思うのです。
 

1)まずはとにかく漕げること。

サーフ用のSUPを使用して全力で1㎞、10分程度の漕ぎはこなせるような「漕ぐ」スキルと体力を身につけましょう。

 

2)ボードコントロールを覚える

レギュラースタンスからステップバックしてピポットターン右回り・左回り

グーフィースタンスでもステップバックしてピポットターン右回り・左回り

それぞれ3回転は確実にできるようになりましょう

 

3)腹這いでのパドリングを覚える

ボード上に腹這いになってのパドリング50m程度またはパドル100回程度を休まず続ける体力とスキルを身につけましょう

 

4)波を越える技術を身につける
少なくとも腰程度のブレイクまでは、波を越えながら落ちずにゲティングアウトできるようになりましょう。もちろんニーパドルでなく立ったまま。

波乗りには不向きなチョッピーコンディションも、波越えトレーニングには最適なコンディションです。

 

たったこれだけのことでも習得するのに数ヶ月を要するはずです。

それまではじっと我慢して体力と技術が追いついてくるのを待ってください。

 

気持ちよく遊ぶために ~ スキル以上に大切なこと ~

 

■風 潮 波 を気にしてみる

天気と潮を気にしてなるべく良い条件のポイントを探す過程を楽しみましょう。

SUPなら頭オーバーのジャンクよりもスネヒザ面ツルの方が楽しいかもしれません。

 

■謙虚さを忘れない

先客がいるピークに入るときはまず先行者に挨拶をしましょう。

上から目線は威圧感を与えます。サーファーに近づくときや近くを通過するときはなるべくニーパドルで。

マナー違反をしてしまったと思ったらすぐにちゃんと謝りましょう。

 

■事故は未然に防ぐ

立ちゴケするとボードが飛びます。サーファーにボード2枚分(5~6m程度)よりも近づくときはニーパドルで。
リーシュコードの太さ、長さをマメにチェック。サーフィンよりも簡単に切れます。
根付ヒモもマメにチェック。結束部の余端が短いものや表皮に傷のあるものはすぐに交換を。
テイクオフの前に必ず前後左右、進行方向を確認するクセをつけましょう。

落水の際は背中から。ボードへ上がる際は海底になるべく足を付かないように。
特に足からの飛び降り、頭部や顔面からの落水はとっても危険です。

 

■譲る気持ちを忘れない

まずは波乗りのルールをちゃんと勉強しましょう
混んでいるピークへの入水は極力避けよう。

もしあなたが先に入っていても、自分のまわりに人が増えたら機動力を生かして率先して移動しよう。

レディーファースト、キッズファースト、ビジターファースト。

波を譲る心の余裕を忘れずに。

 

■環境に気をつかう

沖に漂うビニールやペットボトル、余裕があったらポケットに。

もし可能であれば海上がりに片手に持てる程度の「ちょっとだけビーチクリーン」を。

 

■身体のケアに気をつかう

SUPはとても負荷の高い運動だと思います。海から上がったら栄養と休養をとって疲労回復に努めましょう。

身体の機能が目覚める前の朝イチの入水はとっても危険です。少し早めに起床して身体が目覚める時間の余裕を持ちましょう。

 

■情報の取扱いに気をつかう

マイナーポイント(シークレットポイント)の情報メジャーポイントの情報は区別しましょう。

マイナーポイント(シークレットポイント)の情報は慎重に敬意を持って取り扱いましょう。

ポイント名アクセス方法場所を特定できる写真などの情報をむやみに拡散するべからず。
人を連れて行く時は引率者が責任を持ってそのポイントのルールを説明すること。

どんなポイントでも自分以外の誰かもそのポイントを利用していることを忘れずに。